2016.999

2016.12.31 Saturday

0
    大晦日にはじめまして。
    今日まで時間ぎりぎり使い切って2016年を振り返る余裕もなく、2017年がやってきます。
    来年の終わりに自分が誰とどんな仕事しているのかとても楽しみです。

    2017年も今年みたいに良い年でありますように。
    皆様も良いお年を迎えて下さい。

    まあ。固定概念は捨ててしまいましょう。

    2016.12.23 Friday

    0

      「庭師」と聞くと、庭がないと縁がないように思われてます。

       

      そんな、ことは、、、あるようで、、

      、、あるかもしれませんが、、、、

       

      とりあえず!、私たちには あんまり関係のないことなのです。。。

       

       

       

      どうも嫁でございます。あと少しで今年も終わりですね。

      庭師 しょーとくも、走り回っております。

       

       

      さて、、

       

      「庭師」の本来の仕事も大事にしております。やはりこれは原点だと思います。

      どんなになってもこれを忘れてしまったら、うまくは言えませんが、、、バチが当たります、、はい、、怖いです。

       

      昔のように大きな庭があって 庭師が黙々と仕事をする姿。これも美しい光景だと思います。

       

      でもね、今、庭が無い家、たっくさんあります。 生活スタイル変わって、手入れができないから、木がない家も、たっくさんあります。 それはそれで良いことです。だって生活しやすいのが一番ですもの。

       

      ただただ、私たちの仕事は、それと共に形を変えて共存すればいいと思ってます。

      庭がなくっても、ええんです。

       

      もともと既製品と違って、おんなじ形のない、木とか石とかばかりを扱ってるから、

      その形を活かして、門柱作っても良いし、

       

       

       

      ピシッとした、既製品に、あえて合わせてみても、かっこいいし、

       

       

       

       

      この世に一個しかないもんが作れるから、 嗚呼 庭屋やっててよかったなーと思うこといっぱいあります。

      剪定で木の習性知ってるからこそできる仕事も沢山あります。 

       

       

       

      はい。。長くはなりましたが、、結局

       

      お客さんに びっくりしてもらったり、ニヤニヤが止まらないものを 創れればそれでいいと思っています。

       

       

       

       

      銅板を埋め込む門柱

       

       

      NIWANIWAオフィシャルサイト http://niwa-niwa.jp

       

       

      JUGEMテーマ:

       

       

       

       

       

       

      NIWANIWAの仕事  硝子工房編

      2016.11.05 Saturday

      0

        JUGEMテーマ:

         

        毎度いつもありがとうございます。庭師の嫁でございます。

         

        「NIWANIWAの作るもんってどんなイメージ?」

         

        とよく聞かれます。

         

        うまくは言えませんが、、伝わるかどうかわかりませんが、、汗

         

        簡単に言うと、・・・・

         

        よく成田空港の本屋さんとかに、英字の本があるでしょ、

        海外の方向けのやつ。「BONSAI」

        とか書いてる シュッっつ とした本。

         

        あんな感じです。 。。。

         

        よくわからん。。。すみません・・・

         

        もっと簡単に言うと

         

        シュッツッッ とした感じです。。はい、、シュッツとした、、、・・・シュッ・・・

         

         

         

         

        さてさて、今回のブログは以前させていただいた「山の神硝子工房」さんでのお仕事です。

         

         

        うちの庭師しょーとくは 年から年中、庭のことしか頭にない変態庭師ですが、

        ディズニーランドに行っても あの神のようなミッキー様には目もくれず、レンガとかばっかり見ている、ど変態ですが・・・

         

        この店主である硝子職人様もかなりの変態です。

        安心してください。男前です。かなり男前です。

        そして、それはそれは、素晴らしい硝子作品をお創りになられます。

         

         

        看板は、銅板を使用

        屋号が入る瞬間はたまりません。店主のここまで来るまでの、いろんなことが走馬灯のように駆け巡る瞬間であります。

         

         

         

        裏面は、いろんなメッセージが書けるように、黒板にしました。

         

         

        この上に、いろんな文字が刻まれていくことを想像します。。。

         

         

         

         

         

        山の神硝子工房 のオーミー様 ありがとうございました。

         

         

        まもなくopenでございます。楽しみにしております。

         

         山の神硝子工房の書き物オフィシャルブログ  http://ameblo.jp/omikj/entrylist.html

         

         

         NIWANIWAオフィシャルサイト http://niwa-niwa.jp