白目

2016.12.31 Saturday

0

    2016年残す所あと少し。

    無事今年も安全に業務を終えれることに感謝と安堵でございます。

    嫁でございます。

     

    今年最後のup..

    至らないブログではありますが、ご覧いただき本当にありがとうございました。

     

     

    さて!

     

     

    一つ転がってるだけでは  ただの石ころでございますが

     

    何度もなんども手を加えて積んでいくと

     

     

    美しい流れを魅せてくれます。

     

    ただ、この美しい形を作るためには、毎回毎回、白目を剥くほどの忍耐が必要なことも現実なのです。

     

     

     

    毎回ですが本当、一つづつ形を整えて、時には100kg以上の石を持ち上げながら、形をぴったり合わせてゆくのです。

    何万回、金槌でコンコンして 、何千回 形を合わして、何百個も積み上げていきます。繰り返して、繰り返して、、

     

     

    嫁の私が見ているでけでも、気がとうくなって白目になるのです。

     

     

    嫁        「本当、石積み好きなんやねー いっつも何考えながら積みよん?」

     

    庭師 しょーとく  「・・・・苦痛だけしかない。」

     

    嫁         「?!!?!!!!!!マジ??」

     

     

    庭師 しょーとく   「でもなあ・・・かっこいいのできたら嬉しいやん。

               そんだけ・・・・」

     

    嫁          「・・・」

     

     

     

     

     

     

    だそうです。旦那はドMなのかと思ってしまいますが 笑

    結局やっぱり 石積みも、庭も、好きみたいです。

     

     

     

     

    写真では分かりにくいのですが、石積みは 分厚く、どっしりと 存在感があるのであります。

    今回は

    大と小の極端に違う石を組み合わせて、おります。。。

     

    乾いた姿も良し

     

    濡れた姿も良し

     

     

     

     

     

    来年も さらに白目を剥きそうな仕事をするみたいです。

    何やら楽しい予感です。

     

     

    NIWANIWAオフィシャルサイト http://niwa-niwa.jp

     

    JUGEMテーマ:職人技

    JUGEMテーマ:

    2016.999

    2016.12.31 Saturday

    0
      大晦日にはじめまして。
      今日まで時間ぎりぎり使い切って2016年を振り返る余裕もなく、2017年がやってきます。
      来年の終わりに自分が誰とどんな仕事しているのかとても楽しみです。

      2017年も今年みたいに良い年でありますように。
      皆様も良いお年を迎えて下さい。

      まあ。固定概念は捨ててしまいましょう。

      2016.12.23 Friday

      0

        「庭師」と聞くと、庭がないと縁がないように思われてます。

         

        そんな、ことは、、、あるようで、、

        、、あるかもしれませんが、、、、

         

        とりあえず!、私たちには あんまり関係のないことなのです。。。

         

         

         

        どうも嫁でございます。あと少しで今年も終わりですね。

        庭師 しょーとくも、走り回っております。

         

         

        さて、、

         

        「庭師」の本来の仕事も大事にしております。やはりこれは原点だと思います。

        どんなになってもこれを忘れてしまったら、うまくは言えませんが、、、バチが当たります、、はい、、怖いです。

         

        昔のように大きな庭があって 庭師が黙々と仕事をする姿。これも美しい光景だと思います。

         

        でもね、今、庭が無い家、たっくさんあります。 生活スタイル変わって、手入れができないから、木がない家も、たっくさんあります。 それはそれで良いことです。だって生活しやすいのが一番ですもの。

         

        ただただ、私たちの仕事は、それと共に形を変えて共存すればいいと思ってます。

        庭がなくっても、ええんです。

         

        もともと既製品と違って、おんなじ形のない、木とか石とかばかりを扱ってるから、

        その形を活かして、門柱作っても良いし、

         

         

         

        ピシッとした、既製品に、あえて合わせてみても、かっこいいし、

         

         

         

         

        この世に一個しかないもんが作れるから、 嗚呼 庭屋やっててよかったなーと思うこといっぱいあります。

        剪定で木の習性知ってるからこそできる仕事も沢山あります。 

         

         

         

        はい。。長くはなりましたが、、結局

         

        お客さんに びっくりしてもらったり、ニヤニヤが止まらないものを 創れればそれでいいと思っています。

         

         

         

         

        銅板を埋め込む門柱

         

         

        NIWANIWAオフィシャルサイト http://niwa-niwa.jp

         

         

        JUGEMテーマ: