まあ。固定概念は捨ててしまいましょう。

2016.12.23 Friday

0

    「庭師」と聞くと、庭がないと縁がないように思われてます。

     

    そんな、ことは、、、あるようで、、

    、、あるかもしれませんが、、、、

     

    とりあえず!、私たちには あんまり関係のないことなのです。。。

     

     

     

    どうも嫁でございます。あと少しで今年も終わりですね。

    庭師 しょーとくも、走り回っております。

     

     

    さて、、

     

    「庭師」の本来の仕事も大事にしております。やはりこれは原点だと思います。

    どんなになってもこれを忘れてしまったら、うまくは言えませんが、、、バチが当たります、、はい、、怖いです。

     

    昔のように大きな庭があって 庭師が黙々と仕事をする姿。これも美しい光景だと思います。

     

    でもね、今、庭が無い家、たっくさんあります。 生活スタイル変わって、手入れができないから、木がない家も、たっくさんあります。 それはそれで良いことです。だって生活しやすいのが一番ですもの。

     

    ただただ、私たちの仕事は、それと共に形を変えて共存すればいいと思ってます。

    庭がなくっても、ええんです。

     

    もともと既製品と違って、おんなじ形のない、木とか石とかばかりを扱ってるから、

    その形を活かして、門柱作っても良いし、

     

     

     

    ピシッとした、既製品に、あえて合わせてみても、かっこいいし、

     

     

     

     

    この世に一個しかないもんが作れるから、 嗚呼 庭屋やっててよかったなーと思うこといっぱいあります。

    剪定で木の習性知ってるからこそできる仕事も沢山あります。 

     

     

     

    はい。。長くはなりましたが、、結局

     

    お客さんに びっくりしてもらったり、ニヤニヤが止まらないものを 創れればそれでいいと思っています。

     

     

     

     

    銅板を埋め込む門柱

     

     

    NIWANIWAオフィシャルサイト http://niwa-niwa.jp

     

     

    JUGEMテーマ:

     

     

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする